中国ドラマ

『永遠の桃花~三生三世~』の世界観を解説トリビア

こんにちわ。ふーみーです!

記念すべき中国ドラマの第1記事目は『永遠の桃花』です。

『永遠の桃花』は総再生回数が520億回を上回る、2017年の最大ヒットラブロマンス史劇です。
爆発的な人気を集めたこのドラマは、2022年1月30日にオンエア5周年を迎えました。
ウェィボーでは、マーク・チャオ(趙又廷)やヤン・ミー(楊冪)らメインキャストがオフショットを公開して一斉に祝っています。

夜華と白浅の壮大な世界観のラブストーリー、大好き!!

でも中国ファンタジードラマって謎が多いの。

そうなんです。私も一回ではよくわからなかった点がありました。
こちらでは、私が『永遠の桃花』を初めて観てよくわからなかった世界観や、神仙、神器、元神など登場したドラマ独自の言葉についてその意味を紹介していきたいと思います。

コレを読めば『永遠の桃花』が2倍楽しめる!?

『永遠の桃花』はどんなドラマ?

引用元:CinemartChannel公式サイト

天族の皇太子・夜華やか(マーク・チャオ)と孤族の女帝・白浅はくせん(ヤン・ミー)が三生の転生の中で幾多の困難に遭いながらも、永遠に愛し合い続ける物語です。
登場人物は人間ではなく、神仙という永い生を持った存在です。
そしてその世界は、四海八荒が広がる天界が中心となっています。

概要

永遠の桃花

原題:三生三世十里桃花
演出:リン・ユーフェン
原作:唐七公子
脚本:ホン・フゥオ
出演:ヤン・ミー(楊冪)マーク・チャオ(趙又廷)ケン・チャン(張智堯)ディリラバ(迪麗熱巴
)
放送:2017年1月30日-2017年3月1日
ジャンル:古装、ラブロマンス・ファンタジー

世界観を解説

引用元:『永遠の桃花』BS12公式サイト

原作はどうなってる?

『永遠の桃花』の原作は、作家の唐七のネット小説でのちに書籍化もされた「三生三世十里桃花」です。
「三生三世十里桃花」の元となった小説が大風刮過の「桃花債」です。
(言い方は色々、パクリとか…)
この「桃花債」が、男性同士の恋愛を描いた小説ということで色々納得できるものがありました。

まず、祈願上神と白真の関係ですね


最初、伯父と甥のような親戚関係かと思っていました。
しかし、祈願上神は白浅の母を愛しててフラれた、という過去があるのです。
白浅の父・狐帝と戦い負けたのです。しかしその後、彼らの子供たちを、自分の子供のように面倒をみてきたわけです。
白真は男性ながら白浅より美しいとされ、祈願上神はとても愛していました。

また翼王の擎蒼(けいそう)が令羽(れいう)を養子するというのも、元では愛する対象として迎えるという設定でした。

天界と人間界

引用元:『永遠の桃花』BS12公式サイト

まず天界の説明をします。
10万年前、父神が混沌に陥ると残されたのは天族の竜族、鳳族、九尾狐族、翼族でした。
天族と翼族はその昔ともに魔族と戦った仲ですが、その後天族の力が増大するに連れ、翼族には、”ないがしろにされている”と不満が巻き起こっていました。
いつかは天下(四海八荒)を取る、と天族にいつ戦を仕掛けてもおかしくない状態になっていまのです。
しかし、まずいことがあるのです。それは天地を滅ぼす力を持つ神器の東皇鐘を擎蒼(けいそう)が持っているのです。
前の戦の時勝利した暁に、墨淵は自身が作った神器の東皇鐘を友好の証として翼王に送ったのでした。

神仙は天界に住んでいますが、人間界にも行けます。

天界の1日は人間界の1年です。
人間界に遊びに行ったり、人間界に修行に行ったりしています。

その修行の運命を決めるのは司命星君です。
”人間界で辛い目にあうことで罰を受けて消化できる”というのが面白いストーリーですよね。

私もこの姿は仮の姿で本当は神仙なのかも!と思いませんでしたか?

仙力とは?

引用元:『永遠の桃花』BS12公式サイト

仙力とは神仙が持つ特別な力です。
物を出したり瞬間移動から、いろいろな技があります。
祈願上神は姿を替える術に長けていて、白浅を男(司音)として墨淵のもとに送り込みました。

祈願上神に連れられ崑崙虚に白浅がやってきた時、玉清崑崙扇(ぎょくせいこんろんせん)という神器が白浅の手中に収まりました。
彼女を見た墨淵は、ひと目で狐帝の娘と見抜くとともに、彼女が神器を持つにふさわしい存在だと認め、弟子入りを許したのです。
玉清崑崙扇は東皇鐘(とうこうしゅう)のあとに初めて現れた神器、とあります。

その後の展開を考えると、玉清崑崙扇が選んだ司音は、東皇鐘を封印できる人物として特別な存在だ、というのがわかります


白浅が男として崑崙虚に入るわけですが、これは男装しただけということではなく、祈願上神の仙力をかけたのです。
なので彼より仙力の低い者には見破れないのです。

金蓮とは?

引用元:OーDAN公式サイト

夜華は、最初の崑崙虚の蓮池の金蓮の姿で登場しました。

墨淵が父神から託されて崑崙虚の蓮池で、人としての姿になれるまで守っていた蓮です。
墨淵は大事な金蓮の世話を白浅に頼みました。
しかし白浅は世話するというよりも、世間話きかせてましたよね。

気づけばここから出会っていたんですね


その金蓮夜華も光るぼやけた人間の姿で、墨淵が司音の天劫を代わりに受けてダメージを受けたときに泣いて謝る司音に苦言を呈したりします。
序盤では墨淵と夜華の説明が一切ないので、墨淵と司音のラブストーリーと思いこんで見ていた私は墨淵の分身なのかな?と思いました。

ではなぜ、夜華は金蓮だったのでしょうか⁉


10万年前、四極が折れて四極は崩れ九つの州が崩壊した年、墨淵の母・母神は天を支える柱を守ろうとしました。
が、そのため身重の身体を悪くしてしまうのでした。
そのせいで双子の小さい方の息子を守りきれず一人だけ無事に生まれ、それが墨淵でした。
母神は混沌へと還り、残された父神は弟を不びんに思い、半生分の修為を使って仙胎(センタイ)を作ると、さらにその仙胎で金蓮を作ったのでした。
そして父神は混沌に還る前に、墨淵に双子の弟がいたと伝え金蓮を託し、崑崙虚の蓮池で守るよう頼んだのです。
兄である墨淵が弟を呼び起こし、いつの日か世に出して欲しいと願いを託しました。

その後墨淵は、擎蒼けいそうとの戦いでを封印するも逝去してしまうと、金蓮も枯れてしまいます。
そして楽胥によって身ごもられ、金蓮夜華は天族の皇太子として誕生するのです。

九尾狐族(白鳳九)の恩返し

引用元:『永遠の桃花』BS12公式サイト

サブキャストの白鳳九が東華帝君に恩返ししたいという理由で、ずっと東華帝君を追いかけていきます。
結構な分量で、この二人のラブストーリーが描かれました。
でもいつまでも終わらない恩返しに”そういうけど東華帝君の側にいたいからよね、”と私は途中から思ってしまいました。
しかし、他のドラマで描かれる九尾狐族の特徴も「受けた恩は返さないといけない」というパターンが多く引用されていました。

なので”九尾狐の恩返し”は、鶴の恩返しくらいドラマ界の常識のようですよ

結魄燈(けっぱくとう)とは?

引用元:『永遠の桃花』BS12公式サイト

素綿は素素の持ち物を結魄燈で燃やせば、素素そっくりの人間が作れる、と夜華に告げました。
結魄燈は、もともと素綿の母が所有していました。

その後、夜華は結魄灯を灯し続けて、素素の帰りを300年待っていましたね



印象的なシーンとして、初めて夜華が結魄燈を使ったときに、桃の花びらが大量に舞ってきタシーンがあります。
彼の喜びと悲しみの混ぜ合わせた表情は、忘れることが出来ません。

その後、墨淵を目覚めさせるのにも使われたのが結魄燈でした。
元神さえあれば、その復活を早められるのが結魄燈の力です。

また白浅のもとで結魄燈が割れたときに、そこに秘められていた素素としての記憶が現れて彼女に蘇りました。

その後、天宮に乗り込んだ白浅が素綿をギャフンと言わせるシーンには溜飲がさがりましたよね!

まとめ

引用元:『永遠の桃花』BS12公式サイト

『永遠の桃花』の世界観や、出てくる言葉の意味を解説してきました。
まだ一部なので、もっともっと出てきそうですが、今回はコレくらいで終わります。

観終わると十里桃林の世界に住みたい!ってなりますね!

ふーみー
中国・韓国ドラマを日々の生きがいにしています。韓国ドラマは冬のソナタから、中国ドラマは永遠の桃花から、ハマっています。おすすめのドラマ・映画や俳優さんを紹介していきます。
\ Follow me /